平成29年度年間行事

学校 生徒会
4月 入学式・始業式
対面式
オリエンテーション
健康診断・身体計測
保護者会・授業参観
3年生全国学力テスト・学習状況調査
教育相談週間
避難訓練
離任式
6組家庭訪問・三者面談
新入生対面式,離任式協力
生徒会・部活動オリエンテーション
5月 部活動保護者会
中間テスト
教育実習
通信陸上競技大会
2年:未来くるワーク体験、管弦楽教室
体育祭
前期生徒総会
6月 学校総合体育大会
陸上・学校総合
期末テスト
部活動壮行会
7月 教育相談週間
3年:修学旅行
1年:携帯・インターネット安全教室
2年:防犯教室
3年:保護者会(進路学習会)・学級懇談
終業式
1年:家庭訪問
2・3年:3者面談
8月 夏季大会(野球)
子ども会議
吹奏楽コンクール県大会
いじめ防止シンポジウム
始業式
避難訓練
9月 教育実習
学校公開・浮世絵鑑賞会>
文化祭
6組:保護者会
教育相談週間
3年:市学力検査
新人体育大会
文化祭
10月 吹奏楽カーニバル
赤ちゃん・幼児触れ合い体験
6組:宿泊学習(赤城)
中間テスト
夢工房未来くる先生ふれ愛事業
立会演説会
市駅伝大会
小学6年生学校見学会(つぼみの日)
合唱祭(ソニックシティ大ホール)
新人体育大会壮行会
生徒会選挙
任命式
11月 開校記念日
全校三者面談
防災訓練、学校公開
3年:プラネタリウム教室
3年:市学力検査
期末テスト
特別支援教育4校交流会
教育相談週間
6組交流バスケットボール大会
レッツ・ジョインクリーン活動
12月 1・2年,6組:保護者会
人権教育集会
3年:三者面談,薬物乱用防止教室
終業式
薬物乱用教室への協力
1月 始業式
3年:市学力検査、進路学習会
1・2年生:市学習状況調査
2年:自然の教室
教育相談週間
2月 特別支援学級作品展
新入生保護者説明会
6組:スキー教室、保護者会
3月 1・2年:期末テスト
公立高校学力検査
3年生を送る会
卒業証書授与式
1・2年:保護者会
修了式
3年生を送る会
卒業式への協力

↑ ページの上部へ

↑ ページの上部へ

行事報告

  • 3年1組生合唱祭
    3年1組、最優秀賞おめでとう 10月30日
     合唱祭が終わりました。今年の桜木中学校合唱祭の最優秀賞に輝いたのは3年1組でした。課題曲「歌え 歌え!!」、自由曲が森山直太朗の『虹』でした。学年リハーサルでは、どのクラスもまだ曲が仕上がっておらず、私は講評で思わず「ショボい」と言ってしまいました。そして、女声は結構できあがっていたので、「最優秀賞は男声で決まるよ」とも言いました。どのクラスも女子は声がよくでていて、気持ちも入っていたので、あとは男声がしっかりと土台をつくれれば最優秀賞が獲れます。その通りになりました。1組は男声がよく出ていてハーモニーがとっても美しかった。
     大ホールに美しい虹がかかっていたよ。1組の皆、最優秀賞おめでとう!(「虹 第27号」より)
    【発表曲】学年合唱曲:「時を越えて」 課題曲「歌え 歌え!!」 自由曲:1組−「虹」、2組−「ヒカリ」、4組−「走る川」、3組−「信じる」
  • 2年生合唱祭
    優秀賞は4組「君とみた海」 4組の皆さん、おめでとう!!
     男子の声も、1年間でかなり変化しました。そして女子と歌声と重なり、きれいな合唱になりました。様々な方から、「2年生の歌声いいね」と言われました。学年の誇りです。日々の練習も、歌わせられているという感じはなく、歌うのは当たり前で、いかに合唱として仕上げるかという姿勢でした。ですから、シーノで歌いたかったといった声が聞こえてきたのもわかる気がします。
     賞がもらえたのは1クラスだけでしたが、どのクラスも、クラスの次につながる、また来年につながる取組として終えられたと思います。そして、毎年のことながら、3年生の合唱は見事でしたね。来年は君たちが、後輩に最高の合唱を届ける番ですね。一緒に進んでいきましょう。
     本番前の練習風景 道徳の時間に観た「くちびるに歌を」のワンシーンを見ているようでした。いい雰囲気で最後の声出しをしていました。(「架け橋 No.22」より)
    【発表曲】学年合唱曲:「生命がはばたくとき」 自由曲:2組−「HEIWAの鐘」、4組−「君とみた海」、1組−「明日へ」、3組−「あなたへ」
  • 未来くる先生
    「未来くる先生」の講演会がありました 10月14日
     先週の14日(土)、毎年恒例の「夢工房未来くる先生ふれ愛推進事業」講演会が行われました。今年の未来くる先生は、全盲でピアニストの島筒英夫氏でした。演題は「わが人生をピアノに託して 〜人に感謝 ピアノに感謝〜」でした。以下は、その要約です。
     「2歳のときに病気が原因で目が見えなくなりました。6歳のときに母の薦めでピアノのレッスンを始めました。その頃は、ピアノの教則本やクラシック曲よりもマンガの主題歌や流行歌の方が好きでした。しかし、レッスンは止めずに続けました。転機が訪れたのは中学3年生のとき、ベートーベンの『月光』を聞いたときでした。人生が変わりました。私の座右の銘は『逆境は宝物への入口である』という言葉です。」
     『月光』では、心に響く、優しい音色と力強いタッチに魅了されました。その後、『世界が100人の村だったら』をピアノ語り一人二重奏で披露してくださいました。ありがとうございました。
    (「虹 第25号」より)
  • 壮行会1 壮行会2
    新人戦。応援しているぞオオオオ!
     いよいよ、土曜日から、新人体育大会【新人戦】が始まります。火曜日には、生徒会主催の壮行会が行われ、部長を中心に各部の代表が、大会等への決意を述べてくれました。


     壮行会では、3年生が、後輩の為に心温まる演奏やエールを送ってくれました。また、壮行会の後、生徒会室前には筆で書かれた、応援メッセージが、掲げられていました。ありがたいですね。先輩の思いを力に変えて、頑張ろうではありませんか。勝て!勝て!頑張れ!2年生!!文化部は、いい演奏やいい作品を作り上げて、より高みを目指そう!!
    (「架け橋 No.19」より一部抜粋)
  • 文化祭1
    なあ、やってみれば面白いだろう 9月15日
     とうとう文化祭が終わってしまった。
     ステージに立って演技をした人たち、表には出ずに裏方に徹した人たち、練習をいやいややっていた人たち、文化祭なんてつまんないと思っていた人たち、みんな、実際に自分たちの文化祭を体験して、どうだった?どう思った?意外とおもしろかっただろう?人の前で何かを表現するって、なんかワクワクしたろう?失敗したかも知れない。思ったようにできなかったかも知れない。でも、心の中に何らかの感情が湧いてきたたろう?それが、達成感ってものだ。成就感ってものなんだ。
     後は、今週の木曜日の「総合の時間」に、「総合」の修学旅行紹介の発表と「そうだ!京都行こう」のまとめをして、これでようやく、みんなの修学旅行が終わりになります。長かった修学旅行でした。文化祭実行委員の皆さん、各パートを担当した皆さん、さらに1学期にさかのぼって、修学旅行の実行委員の皆さんも、本当にお疲れさまでした。(「虹 第19号」より)
    文化祭2文化祭3文化祭4
  • 光とともに
    共生社会に必要なこと〜「光とともに」を視聴して〜
     かなり前に、人と関わることがとても苦手という特徴の発達に遅れのある子どもを授かった夫婦が、周囲の人の助けを借りながら、親としても成長し、またその子も、同級生に比べればとてもゆっくりだけれど、ことばを理解できるようになったり、お手伝いを進んでできるようになったり、社会性を身につけていき、友達とも交流できるようになっていく。この子どもと交流することで、親戚もクラスの子供たちも教師たちもまた、人として成長していくという、ストーリーの「光とともに」が放映されました(原作は「光とともに・・・〜自閉症児を抱えて〜」戸部けいこ著です)。
     このドラマを観て、共生社会に必要なことについて考えていきます。先日観た内容から、学校や日常生活の中で自分ができることについて自分の考えを書いてもらいました。一部を紹介します。
    【生徒の感想】
      もしも、身近に人の手を借りなければいけない人がいたら、まずは、相手のことを知り、そして自分のことを知ってもらう必要があると思いました。積極的に話しかけることで、知らなかったことも知れるし、仲もよくなると思うからです。人を理解することで視野も広がると思うし、自分の成長にもつながると思いました。だから、これからたくさん交流をしていきたいです。
    (「架け橋 No.15」より)
  • 校内外生活体験1
    6組ー校内校外生活体験 7月10日〜12日
     2年生は調理(ちょうり)実習(じっしゅう)でシチューとプリン、そして畑(はたけ)で収穫(しゅうかく)したプチトマトとナスを使(つか)ってサラダとピラフも作(つく)りました。とてもおいしく、おなかいっぱいになりました。
     また、鉄道(てつどう)博物館(はくぶつかん)では自分(じぶん)たちで行動(こうどう)計画(けいかく)をたて、時刻表(じこくひょう)や料金表(りょうきんひょう)を見(み)て、切符(きっぷ)を買(か)うなど主体的(しゅたいてき)に活動(かつどう)することができ、自信(じしん)がつきました。(「頑張れ6組!! No.15」より)
    校内外生活体験2校内外生活体験3校内外生活体験4
  • 修学旅行@
    無事に戻りました!
    さて、平成29年度の修学旅行も大きな事故や怪我もなく、無事に終了することができました。
     1日目は、京都駅から奈良の東大寺までバスで行き、東大寺で解散した後、それぞれの班が京都にある宿舎まで自力で戻ってきました。早い時間に奈良を離れた班は無事でしたが、午後になって近鉄奈良駅周辺、周辺で雷を伴った局地的豪雨に見舞われ、その中で2人の生徒が班とはぐれ、1時行方不明になりました。しかし、奈良で見回りをしていた教員が探したり、他の班の人が見つけたり、といくつかの偶然が重なって無事戻りました。本部で待機していた教員はその連絡を受けてホッとしました。
     2日目は、朝の6時頃まで雨が残っていました。自分たちの班で考えたコースを、ガイドの大学生と一緒に京都市内を巡りました。訪れた寺社のしっとりと苔むした庭園を見て、少しでも「わび(侘び)、さび(寂び)」を感じることができたでしょうか。夜は、宿舎から歩いて12、3分のところにある大江能楽堂で狂言と能を鑑賞しました。狂言「附子」に続いて、能は「敦盛」でした。言葉が少し難しかったです が悲哀に満ちた舞に感動した生徒も多かったようです。能の幽玄の世界に引き込まれて、深く心に残る体験でした。 3日目は、バスに乗ってのクラス別の京都市内巡りでした。遠いところでは、1組は大原の三千院まで行きました。寺社でお坊さんの説法を聴いたり、写経をしたり、はたまた和菓子作りをしたりと、体験活動をしました。全クラス一緒にお昼を食べ、2時発の新幹線に乗り、大宮駅まで帰ってきました。(「虹 第14号」より)
    修学旅行2修学旅行3修学旅行4
  • いのちの支え合いA いのちの支え合いA
    「いのちの支え合い」を学ぶ授業〜心だって風邪を引く〜(平成29年5月28日)
     中学2年生というのは、後輩もでき、いろいろなことに意欲をもって取り組むことができます。その反面、中学校生活に慣れ、緊張も緩むことで、学習面や生活面、友人関係等での新たな問題にぶつかることもあります。また、思春期という心が不安定な時期とも重なり、悩みや不安、ストレスに適切に対処できず、深く悩むこともあるでしょう。さいたま市内の中学2年生の中には【心と生活のアンケート】で、「生きていてもしかたがない」に〇をつける生徒もいます。
     そのように、深く思いつめてしまう時の心や体の状態や、深く悩む友達の支援の仕方について、6月14日の道徳の時間に各クラスに養護教諭の先生をお招きして授業を行いました。
     人生において深く悩むことは特別なことではなく、時には「生きていてもしかたがない」とまで思いつめてしまうこともあるかもしれません。そうなったときには相談することで適切な対処方法が見つかることもあります。また、友達が深く悩んでいるときの支援の方法として、よりよい人間関係を形成するとともに、友達の深刻な悩みに気付いた時には適切な大人に相談することが大切であることを学びました。自分に合った方法を決めて実践することで、充実した学校生活を過ごすことができるようにしましょう。自分と周囲の友達の心の健康を保つことができるようにしていきましょう。
    (「架け橋 No.14」より)
  • 未来くるワーク体験を終えてC〜感謝の気持ちを伝えよう〜
    「ダイエー大宮店で担当してくださった方々へ」
     若葉の緑が大変鮮やかに感じられる季節となりました。皆様におかれましては、いかがお過ごしですか。ぼくは、勉強に体育祭にと忙しいですが、1日1日楽しく感じています。さて、先日の職場体験はお世話になりました。
     ぼくは、他人に挨拶をするのをさけていました。ですが、体験をしている中で、少しずつお客様に挨拶をかわすことができました。従業員としての取り組みがすごく心に残っています。いつもは、お客様側で従業員のことや裏の仕事のをよく知らずに買い物をしていましたが、体験してみると新たな発見があり、とても楽しい3日間でした。小さい頃から店員をやってみたいと思っていて、それが叶ってよかったです。この体験でいろいろ学べてよかったです。この経験をいかして頑張りたいです。 本当に3日間ありがとうございました。気温の変化が大きくなっていますので、どうか、お体に気をつけてお過ごしください。(MK)

    「イオンペット PeTeMo与野店様」
     新緑の候、いかがお過ごしでしょうか。さて、私はイオンペットPeTeMo与野店で未来くるワーク体験をさせていただきました。そこで私は、コミュニケーション能力の大切さに気づくことができました。2日間の中で、社会人の方々が働くのを見て、私はまだ学ぶことがたくさんあると感じました。お客様に笑顔で一生懸命に対応しているところを見て、私も見習わなければいけないと思いました。品出しをさせていただいた時に、新しい品を奥に置き、古い品を前に置くことや、品を整理させていただいた時には、お客様に見えやすいように前につめたり、初めて知ることができて勉強になりました。忙しい中、やさしく丁寧に教えていただきありがとうございます。(OM)

     未来くる体験直後に、各事業所にあてたお礼状には、上記のように、感謝の気持ちが記されていました。一部を紹介します。保護者の方のコメントにもあった通り、わたくしたちの為にやっていただいてありがたいと思ったことを、今度は私たちを取り巻く社会や、学校生活の中に何らかの形で返していくことが大切ですね。(「架け橋 No.13」より)
  • 体育祭を終えてA 体育祭を終えてA
    中学校最後の体育祭、楽しめた?(平成29年5月28日)
     先週の日曜日、好天の中、無事に体育祭が終わりました。3年生のみんな、お疲れさまでした。中学校最後の体育祭、盛り上がったね。楽しめた?見に来てくれた保護者や卒業生や地域の方々も、みんな楽しんでいましたよ。
     とにかくみんな本気で取り組んでいました。競技直前の真剣な顔、勝った時の誇らしげな顔、負けた時の悔しい顔、そして、はじける笑顔、笑顔、笑顔…。そんなみんなの笑顔を見ていると、こちらまで楽しくなってしまいます。みんなに「ありがとう」と感謝したい気持ちです。
     本番では、みんな自分の係の仕事を果たし、集合から入場、退場まできびきびと動いていました。部活対抗リレーも盛り上がりました。天候にも恵まれ、予定のすべてを終えることができました。ホントにすばらしい体育祭でした。学年種目と総合成績の結果は次の通りです。

     3年生の諸君、ぜひこの頑張りを日常生活に生かしてください。大いに期待しています。(「虹 第8号」より)
  • 体育祭を終えてA
    体育祭を終えてA(平成29年5月28日)
     今年の体育祭は、各クラスの得点が接戦で、昨年度よりも熱く応援する姿があったと感じています。 クラスの為に懸命に走っている姿はもちろん、走り終わった後の笑顔も、応援する側の歓喜の瞬間も、仲間同士でねぎらい「おつかれ!」と声をかけている姿も・・・・。感動したシーンは、挙げたらきりがありません。5月29日に撮った数々の写真を見ていると、あの日の歓声がよみがえってきます。 そばで、見ることができたことを幸せに感じています。総合得点も、各レースの順位も1位から4位までと、結果は出ましたが、どのクラスも勝ち負けに関係なく、大切なものを得られたのではないかと思います。どのクラスも次を見据えています。今回の経験を次の行事でも活かしましょう。そして、大切なのは、日常生活に、この経験で得られた団結力・チームワークを活かしていくことです。係として、委員として、給食当番として、週直として、班長として・・・と、様々な立場において、クラスの為にできることを率先してやっていくことです。また、クラスの為にやってくれる仲間がいることに気づくことです。
     「仲間のことを思う」ということが、体育祭という行事の中でできました。普段の学校生活で、積み重ねていくことが、次につながっていくのです。
     来年は、3年生として体育祭に臨みます。それまでに、学年としてのチームワークを高めていき、後輩たちに良き伝統を残せるようにしたいものです。(「架け橋 No.12」より)
  • 体育祭を終えて@
    体育祭を終えて@(平成29年5月28日)
     雨の為に前々日の準備が進められずにいましたが、前日の部活動の時間と、当日の朝に係が一生懸命に準備をしてくれたおかげで、時間通りに始めることができました。
     桜木中1年目の去年は、小学校の時との違いである「自分たちが仕事をして体育祭が成り立っていること」を学びました。その経験の上に、今年は2年生らしく仕事をこなしてくれました。朝は早いところだと、7時から係の仕事を始めることになっていたと思うのですが、やる気であふれていたのでしょう。6時台から生徒が登校してきて、驚きました。係の皆さん、ありがとうございました。(「架け橋 No.10」より)
  • 未来くるワーク体験1
    未来くるワーク体験を終えて〜我が子へ…保護者の思い〜 (平成29年5月10日)
    普段、サービス業界とは、お客さん(サービスを受ける立場)として接するのみですが、サービスを提供する側の現場を体験させていただき、ホテルとしての気遣いや配慮、マナーについて勉強ができたと思います。また、お客さんの目に触れる部分の華やかさに反して、従業員用の部屋や環境は質素であり、肉体労働や作業の大変さを感じることができたと思います。サービス業界は我々の生活に欠かせない存在です。今後は、サービスを提供してくれている側にも感謝して、利用し続けてほしいと思います。また、今回の貴重な体験で得た、人に対する気遣いやマナーは、日常生活に活かせるところもあると思うので、今後の生活に活かしてください。(1組女子の保護者)
     初日は緊張したのか、帰って来てから少し疲れていたように見えましたが、毎日とても楽しそうに出ていく姿を見てとても嬉しかったです。挨拶はとても大切なことだと私も思います。お仕事も学校生活も楽しいことばかりではなく、大変なことがたくさんあると思いますが、周囲の人たちとコミュニケーションがとれる素敵な大人になって欲しいと思います。(2組男子の保護者)
     前日から緊張しており、不安と期待の気持ちでいたようです。仕事のこと、1人であることが不安だったようですが「上手にできなくて当たり前。一生懸命やる。わからなければ聞く!」とアドバイスしました。普段できない体験を沢山させて頂き、輝いた目で毎日帰宅してきました。体験するにあたっては我が子の為に人員、時間を費やしてくれたお店の方に大変感謝します。周りの人々に感謝の気持ちを忘れずに!!そして、その気持ちがあるならば自分のやるべき事、できる事を全力でやりましょう!!1人での職場体験お疲れ様でした。将来やりたい仕事の為に今できる目の前のことを頑張って下さい。(4組男子の保護者)
    「職場体験学習」を通じて、地域の様々な職業に目を向けることができました。3日間、帰宅すると「疲れて勉強ができない・・・」と言っていましたが、楽しそうに職場へ向かっていた姿が印象的でした。周囲に目を向けてみると、たくさんの発見があります。中2になりすっかり慣れてしまった学校生活ですが新鮮な気持ちで過ごしてみてくださいね。(3組男子の保護者)(「架け橋No.8」より)
    未来ワーク体験2未来ワーク体験3未来くるワーク体験4
  • 入学式
    ようこそ桜木中学校へ!   〜新しい出会いとともに〜 (平成29年4月10日)
     ようこそ桜木中学校へ!今日から君たちは桜木中学校の一員です。いろいろな小学校からここに集まってきた一人ひとりは、それぞれの人生を、今まで生きてきました。そして、いろいろな経験をして少しずつ大きくなってきたのです。そして今、桜木中学校の門をくぐり、ここで出会いました。同じ小学校だった友達もいるでしょう。もちろん初めてここで出会う人もいるでしょう。桜木中学校にこのメンバーが集まってきたのはどう考えても偶然です。
     小学校がなつかしいと思っている人もいるでしょう。しかし、なつかしんで戻りたいと思っても、そこには二度と戻れません。今出会ったメンバーと先生と君たちを囲む人たちといっしょに生活していくしかないのです。そして、3年後君たちは自分の進路を決めて、この中学校から巣立って行くのです。人生の大きな転換期に当たるこの3年間を充実させ、悔いの残らないようにするためにも、新しく出会った通常学級132名と特別支援学級の7名、計139名と共に前を向いて、しっかりと確実な一歩を踏み出しましょう。入学おめでとう!(「紺碧 No.1」より)
  • 6組作品展
    さいたま市特別支援教育作品展
     1月20日(金)、21日(土)はさいたま市特別支援教育作品展でした。さいたま市の多くの小中学校から作品が集まり、プラザノースにて盛大に作品展が開かれました。どの学校も、その学校らしさや生徒の個性が出た作品がすてきに展示されていました。桜木中学校6組も作品の展示や作品頒布を行いました。他校の作品を見て、自分たちとは違う良さに気づいたり、学校だけでは体験できない多くの人たちとの交流をしたり、なつかしい友達や先生たちとの出会いをしたりして、活動を通して生徒みんなの顔がとても輝いていたのが印象に残っています。
     作品展の取組に関しまして、多大なるご協力をいただきました保護者の皆さま、誠にありがとうございました。(「がんばれ6組!! No.12」より)作品展はこちらから
  • 薬物乱用防止教室
    薬物乱用防止教室
     12月15日(木)、大宮中央ライオンズクラブの皆様を講師にお招きし、薬物乱用防止教室が開かれました。最近、スポーツ選手や芸能人が繰り返し逮捕されるなど、世の中を騒がせている薬物の恐ろしさを、3年生が熱心に学びました。(「さくらぎ 第9号」より)
  • 人権教育集会1
    人権教育集会
     12月14日(水)、さいたま市教育委員としてもお世話になっている、パラリンピックアーチェリー日本代表の平澤 奈古(ひらさわ なこ)氏を講師にお招きし、平成28年度人権教育集会が開かれました。平澤氏は、アテネ大会で銅メダルを獲得し、リオデジャネイロ大会にも出場しました。講演の中で、アーチェリーの試射を披露していただき、的につけた5色の風船を、色を指定しながら確実に射抜いている姿は、日本代表としての輝きを感じることができました。
     平澤氏は、講演後の話し合い活動まで残っていただき、生徒と一緒にディスカッションに参加してくださいました。今回の人権教育集会は、人権教育主任の教諭が企画・進行を行いました。とても内容の濃い充実した人権教育集会を行うことができました。
    <生徒の感想> 3年生 MSさん
     講演を聞いて、障害がある人もない人もできるきることがたくさんあることが分かりました。色々な人の支えがあるからこそ、当たり前に過ごせているということを改めて感じました。自分からも積極的に行動していきたいと思いました。
     身近なことだと、点字ブロックの上に自転車を止めないなど、自分にもできることはたくさんあると思います。障害があるなしに関わらず、困っている人を助けるなど、日常生活の中で、当たり前にできることをやっていくことが大切だと思います。これからは、基本的なことから、自分にしかできないようなことを積極的にやっていきたいと思います。(「さくらぎ 第9号」より)
    人権教育集会2人権教育集会3野外調理訓練3
  • 校外学習を終えて〜災害時野外調理訓練を体験して〜
     11月29日(火)。1つ目の心配ごとは、天候でした。体力はついてきていると言えども、さすがに雨降りの中では、8Kmの徒歩も野外調理も厳しすぎると思ったからです。しかしそんな心配はいりませんでした。多少、風が強めだったものの良く晴れて、青空のもと災害時の不便な環境を想定した野外調理を実施することができました。
     秋葉の森までの約8Kmの道を歩いていく途中、「先生、もう半分まで来ましたか?」「あと、どれくらいですか?」と聞かれました。確かに、先が見えないと、心も折れてしまいそうになりますね。そんな時は、どうすればいいかということも考えてみることも、この行事の目的の一つでした。ある女子生徒は「友達と楽しく話しながら歩いていたら、ついてしまった。」と話していました。その生徒にとっては、8Kmは辛いものでもなかったようです。
     また、次はあの木のところまで。次はあの信号のところまで・・・。と目標を小刻みに定めるのも、いいかもしれませんね。起こっては困るけれど、災害が起きたとします。自宅から遠いところで被災して、歩いて帰らなければならない時には、今回の8Km完歩の体験を思い出してみてください。(「架け橋 No.38」より)
    野外調理訓練1野外調理訓練2野外調理訓練3
  • 6組交流バスケットボール
    交流バスケット大会
     11月18日(金)に特別支援学級交流バスケットボール大会が行われました。
     保護者の皆様には、教員の確認不足にて日頃の練習の成果やお子様の成長の様子をご覧になれず、誠に申し訳ありませんでした。
     突然の参加となり、生徒たちは緊張した様子でしたが、すべての試合が終わったあとはどの生徒も輝いた表情を見せてくれました。これまで体育祭・文化祭・合唱祭・交流会などで6組の「本番に強い」雄姿が見られましたが、今回も練習以上のプレーが出ており、驚きました。
     しかし、他校も練習を重ねたチームプレーが光り、AチームBチームともにリーグ3位という結果となりました。優秀選手にはみごとTくんとTさんが選ばれました。(「がんばれ6組 No.10」より)
  • スケアード・ストレイト
    スケアード・ストレイト交通安全教室に学ぶ
     11月12日(土)に、スケアード・ストレイト交通安全教室で、交通安全について学ぶ機会を与えていただきました。プロのスタントマンによる実演で、車と自転車の事故・歩行者と自転車の事故・トラックのような大型車と歩行者の事故などを再現していただき、事故が起こってしまう原因や、交通ルール、正しい行動、命の重さ、被害者や加害者の人生について・・など多くのことを知る、そして考えるチャンスとなりました。
     衝突の時の音や、吹き飛んでしまった体や、グチャグチャに壊れてしまった車体などを見て、恐ろしいなあ・・と思ったことでしょう。日常生活に生かされることを願っています。自分と他人の命を大切にできる生き方をしていきましょう。(「架け橋 No.37」より)
  • 3年生合唱祭-表彰
    歌いきった合唱祭 最優秀1組
     10/31(月)にソニックシティ大ホールで、70周年記念演奏会・合唱祭が開催されました。午前中は式典に続き、吹奏楽部の演奏と卒業生でトランペット奏者の斎藤秀範氏の講演と演奏を鑑賞しました。70周年記念のロゴは、O.S君のデザインが選ばれ表彰されました。
     クラスごとにお弁当をいただき、いよいよ午後は合唱祭の始まりです。リハーサルは「歌え歌え」の初めだけで、舞台への入退場を確認しただけでした。1年生、2年生の演奏を聴き、休憩を挟んで3年の学年合唱で声出しをして、4組、3組、1組、2組の順で演奏しました。
     1週間前のリハーサルでは、声の張りが弱く指揮者と合わないところもあり、本番は心配でした。しかしこれまでも高いレベルで結果を出してきた学年なので、当日は合わせてくるだろうとの期待感もありました。
     そして本番は、ソニックシティ―大ホールの大きさに負けず、指揮者伴奏者と学級全員の一体感のある合唱を聴かせてもらいました。3年生らしい迫力ある声量で、それぞれの曲の世界に浸ることができました。70周年記念の合唱祭にふさわしい出来栄えだったと思います。最優秀を取ったのは1組で、11/4(金)に市民会館おおみやで開催された小中学校合同音楽会に出演しました。(「あおぞら 第37号」より)
    70周年記念合唱祭3年1組
  • 1年生合唱祭
    合唱祭を終えて〜初めての合唱祭〜
     創立70周年記念行事の一環として行われた合唱祭。1年生にとっては中学校初の合唱祭を、あのような形で経験できたことは、大変貴重でした。
    午前中は吹奏楽部の演奏と桜木中の卒業生であるトランペット奏者の斎藤さんのトークと演奏がありました。世界で活躍されている先輩は、今、どんな活動をされているか、また、どんな中学生活を送っていらしたのか、語ってくださいました。これから、進路学習を進めていく上でも、参考になりましたね。
     さらに、吹奏楽部のみんなは、その先輩と共演することもできました。とても楽しく演奏を聴くことができました。
     合唱祭・・・どのクラスもソニックシティ大ホールの舞台にふさわしい立派な態度と、本番までの練習の集大成にふさわしい合唱に仕上げることができました。優秀賞は1クラスだけですが、4クラスともそれぞれの良さが出ていて、とても良かったです。実行委員の皆さん、指揮者、伴奏者、クラス紹介者、パートリーダーの皆さん、お疲れ様でした。そして1年生らしく歌い上げた皆さん、お疲れ様でした。
     来年の合唱祭でも、全員の力で、「さすが2年生!」と思ってもらえるような合唱にしていきましょう。期待しています。(「架け橋 No.35」より)
  • つぼみの日
    つぼみの日
     10月27日(木)、今年は、桜木小(83名)、上小小(78名)、三橋小(6名)、大宮東小(2名)の6年生が来校しました。生徒会本部と1年学級委員・生活委員のみなさんが、学校紹介や部活動見学で活躍しました。(「さくらぎ 第7号」より)
  • 6組宿泊学習
    6組長瀞宿泊学習
     10月17日(月)〜19日(水)、6組の仲間たちが、長瀞元気プラザを拠点にした二泊三日の宿泊学習に出かけました。野外炊飯や野外ウォーキング、キャンドルファイヤー、ライン下りなど、楽しくてためになる体験をしました。(「さくらぎ 第7号」より)
  • 生徒会選挙生徒会選挙・挨拶
    新旧交代 生徒会
     10月17日(月)に立会演説会と選挙があり、新本部役員が選出されました。翌18日(火)の朝礼で引継式が行われました。SK君(旧会長)、OMさん(旧副会長)、NS君(旧書記)、SK君(旧会計)の4人が壇上で挨拶を述べました。
     専門委員会や係も後期の担当者が決まり、来月1日から活動します。3年生は第一線を退いたものの、進路決定と卒業までの大切な生活を運営する大切な仕事です。皆で分担し力を合わせて学校生活を運営していってほしいと思います。(「あおぞら Vol.35」より)
  • 3年赤ちゃん触れ合い
    赤ちゃん・幼児触れ合い体験
     10月11、12日の家庭科の時間に、赤ちゃん幼児触れ合い体験をクラスごとに実施しました。さいたま市独自の取組で、今年も近隣にお住いの親子に協力していただき実現しました。
     中学生も手作りのバンドやおもちゃを用意し、部屋を飾って準備しました。身近に触れ合う機会が少ないせいか、恐る恐る眺めていましたが、促され抱っこしたり走り回る子どもについていったりと、次第に打ち解けていきました。
     学校規模によっては、これほどの触れ合い体験ができないと聞いています。ご協力いただくご家庭との連絡や当日の受け入れ態勢を整えるのに、家庭科の先生を始め、桜木中の多くの職員の方々にも手伝っていただきました。心優しい生徒たちにとって今回の貴重な体験は、きっと心に残ったことでしょう。(「あおぞら Vol.33」より)

↑ ページの上部へ